新紙幣発行はいつから?変更理由や旧紙幣はいつまで使えるのかも調査

こんにちは!

先日新元号が「令和」と発表されたばかりですが、またもビッグニュースが飛び込んできました。

2024年1万円札・5千円札・千円札のデザインが新しくなるという発表がありましたね!

 

新元号発表に引き続き新紙幣と、これからますます経済が活気づくようなニュースが続いてますね。

 

実際に新紙幣がいつから使えるようになるのか、そしてこれまで使ってきた紙幣(旧紙幣)はいつまで使い続けることができるのかなど、気になることをまとめてみました。

 

新紙幣のモデルは誰?

 

2019年4月9日に麻生太郎財務相が新紙幣のデザインを発表しました。

 

1万円札は渋沢栄一

「日本資本主義の父」ともいわれる渋沢栄一は、江戸時代の武士・官僚・実業家・第一国立銀行や東京証券取引所・一橋大学・東京経済大学など多種多様な企業や学校の設立・運営に関わった人物です。

 

5千円札は津田梅子

日本における女子教育の先駆者と評価される、女子英学塾(のちの津田塾大学)の創立者です。

 

千円札は北里柴三郎

日本の医学者・細菌学者です。

「日本の細菌学の父」として知られ、ペスト菌を発見し、また破傷風の治療法を開発するなど感染症医学の発展に貢献しました。

 

それぞれ大変すばらしい方々なんですが、正直これまであまり馴染みがない人物ばかりですね。。

新しい紙幣と新しい人物の名前に慣れるには時間がかかるかもしれません。

 

 

2千円札は「流通枚数が少ない」ことを理由に刷新は見送られました。

 

 

新紙幣はいつから使える?

前回紙幣の変更があったのは2004年。

実際に紙幣の流通が開始されたのが11月1日からでした。

 

新紙幣の印新が2024年上期と発表されているので、今回新しくなる紙幣の流通の開始も2004年と同じくらいの時期になるかもしれませんね。

 

旧紙幣はいつまで使える?

ここでみなさまが気になるのが、

 

「新札になったらこれまで使っていたお札(旧札)は使えなくなっちゃうの?」

 

とうことだと思いますが、ご安心ください^^

 

 

財務省は「新紙幣が発行された後も現行のお金は引き続き使える」と説明していますよ。

 

 

ただ、新紙幣と旧紙幣両方ともずっと並行して使用していくというのは考えられないので、おそらく数年から10年くらいの間に旧紙幣は回収されていくのではないでしょうか。

 

余談ですが、今プレミアといわれている旧札と同様に、現在使用している紙幣が数十年後にプレミア化するのが予想できます。

とくにピン札は手元に残しておくのもいいかもしれませんね(笑)

 

 

新紙幣の評判・感想まとめ

新紙幣の発表がされてからまだ半日ですが、ネットではすでに新紙幣フィーバーで盛り上がっています。

 

 

 

 

「慣れないな~」

「1万円札〇〇〇がよかった」

「もっと有名な人にして(笑)」

 

などなど、ツイッターではトレンド入りするくらい盛り上がっていますね。

 

最後に

いかがでしたか?

 

2024年までにはまだ時間がありますが、これから大変なのが銀行などの金融機関でしょうか。

ATMなど新札対応向けて機械を改良していきますよね。

 

キャッシュレス化が進んでいく中での今回の新紙幣のニュースですが、景気が少しでも良くなることを期待しちゃいますね。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA