車一括査定を初依頼してみた感想は?車を売却するまでにしたこと

こんにちは、ファムです!

先日、新車購入後10年乗り続けた車を売却しました。

今回は、車を売るまでに何をしたかまとめてみたいと思います。

買取価格の相場を調べる

①インターネットで現在乗っている車の車種と年数、走行距離から、売却価格の相場がいくらくらいなのか調べました。

今はなんでもインターネットで調べることができて便利ですよね。

ここで相場の売却価格を把握しておいて、「〇〇〇万円くらいになるんだったら売却しよう」と夫と話し合って決めました。

②車のなかの整理整頓をしっかりと。クッションや小物類を取り除いて汚れやほこりがないかチェックしました。

気になる箇所はきれいに拭き掃除をしておきました。

売却する前にしたことは、これだけです(#^^#)

車の一括査定サイトに依頼

さっそく夫がインターネットで車の一括査定サイトを検索。

依頼内容を入力して完了ボタンを押すと、1分もたたないうちに夫のスマホに買取業者から問合せが次々とかかってきました。

一括査定依頼をしたのが、土曜日のランチをした後だったんですが、最初に電話がきた買取業者の方は「本日の夕方ご自宅に伺いたいです」とのこと。早いっ!と思いつつ承知することに。

その電話を切った直後、もう次の電話がひっきりなしにかかってきます。

これには夫もわたしもびっくりしました。

ほとんどの買取業者が「本日」「明日」のキーワードで自宅訪問の問合せをしてこられました。わが家はこの週末は自宅で過ごす予定でいたのですが、それは翌日大きな台風がくると予報されていたからでした。

全国的に「明日は台風に備えてください」のニュースが飛び交っていたにも関わらず「明日ご自宅訪問させてください」と問い合わせてくる買取業者さんはあっぱれです。

やはりスピード重視のビジネスなんですね。

ただ、わが家としては小さな子供がいるため「台風の日に外にでるのは危険」と判断し、なおかつ「本日中の夕方暗くなる前までに来られる」買取業者の方のなかから先着3社に絞らせていただきました。

買取業者との一部始終

車の一括査定を当日3社に絞ったわが家ですが、買取業者それぞれ訪問時間を30分~1時間ずらして来ていただくことにしていました。

ただ、査定にどのくらい時間がかかるのかわからなかったので、それぞれの買取業者の方には「本日きていただく業者さんがほかに2社いらっしゃいます」ということをあらかじめ電話で伝えました。

するとどこの業者さんも「はい、わかりました。問題ないです」とのこと。車を査定する現場で業者同士が鉢合わせするのはよくあることのようです。

わが家の場合も約束した時間よりも早くそれぞれの買取業者の方がいらっしゃって、最終的には3社立ち合いになっていました。

その中の1社、おそらく一番年配の方がその場を取り仕切る形で、3社3様にわが家の車を査定していただきました。

そして、3社すべての査定金額が確定すると、それぞれの名刺の裏に査定金額を記入。せ~の!で夫の前に査定金額が書かれた面を提示。

夫はあらかじめ「3社の中で一番査定金額が高かったところに依頼させていただきます」とお伝えしていました。

結果は3社とも若干の差はあるものの、その中で一番高く提示してくださった買取業者さんに買取をお願いすることにしました。金額もあらかじめ下調べしていた相場とほぼ変わらなかったのも、依頼を即断できた理由のひとつになります。

惜しくも落札してしまった残り2社の方には来ていただいたお礼をのべましたが、「それじゃ!」とばかりにあっさりと撤退していきました(^^)

金額確定後の流れ

買取をしていただくことになった業者さんはその場に残り、早速必要書類に記入。

そこでひとつ書類が必要と指摘されたものがありました。

わたしの住んでいるエリアは、今回売却することになる車を購入したあとに、区画整理があって住所表記が変更されていたんです。そのため、変更前・変更後の住所が証明された書類が必要と言われ、後日役所に取り寄せに行き買い取り業者へ発送しました。

手続きしたのは以上になります。

最後に

いかがでしたか。

後日書類を発送というひと手間は発生しましたが、一括査定依頼日=車の売却日と、たった一日で車を売ることができました。

売却価格にこだわるならもっと時間をかけて査定&交渉するべきだったと思いますが、わが家は想定内の価格で車を売ることができましたし、たった一日で手続きができ、満足のいく結果となりました。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA